So-net無料ブログ作成

出ましたね!(^^ [ソニー 新製品]

ソニーヨーロッパでの発表の翌日でした[わーい(嬉しい顔)][わーい(嬉しい顔)]


昨年来話題に上っていたソニーEマウント用交換レンズ2種

SEL200600G

SEL600F40GM

6月18日より先行受注開始で、発売が7月26日予定だそうです[手(チョキ)]
600ミリの方は7月下旬の可能性もあるようです[あせあせ(飛び散る汗)]


昨年は400ミリ(F2.8)が発売になりましたが、その時点で来年は
500ミリと600ミリが出てくるウワサは有名でした[手(チョキ)]

SEL600F40GM.jpg
てっきり、500ミリかと思いましたがよもや600ミリが先に出るとは[exclamation&question][ちっ(怒った顔)]

おそらく単玉超望遠ではトップレンジになるでしょうね[わーい(嬉しい顔)]

なお、テレコンバーター装着可能とのことなので「×2」を付けると
1200ミリ(F8)にアップグレードも可能です[手(チョキ)]


SEL600F40の撮影サンプルです[手(チョキ)]

ちなみに希望小売価格は1,795,000円+消費税と言うクルマ並み[がく~(落胆した顔)][あせあせ(飛び散る汗)]


更に、もう1種 SEL200600Gですがこちらは3倍ズームになっており
価格も278,000円+消費税なので十分手の届く範囲ですね[わーい(嬉しい顔)]


ちなみに、SEL200600Gの主な特徴は下記の通りです[手(チョキ)]

SEL200600G_side.jpg

高性能テレコンバーター(1.4×/2.0×、別売)に対応し、高い描写性能と
AF性能を実現しながら、最長1200mmでの撮影が可能
●光学式手ブレ補正機構を内蔵。流し撮りに対応したMODE2に加えスポーツなど
動きが不規則で激しい動体撮影時にフレーミングを安定させるMODE3(*1)を搭載
●5枚のEDガラスと非球面レンズを採用した最新の光学設計で、ズーム全域での高解像を実現
●ソニー独自のナノARコーティングの採用で、内面反射によるフレアやゴーストを抑えた
抜けの良いクリアな描写が可能
●11枚羽根円形絞りの採用で、美しい円形ぼけを実現
●ハイパワーで高精度な駆動が可能なソニー独自のダイレクトドライブSSM(DDSSM)を採用し
高速・高精度かつ静音性に優れたオートフォーカスを実現
●ズーム時に鏡筒の長さが変わらないインナーズーム方式を採用
●カスタマイズ可能なフォーカスホールドボタンをレンズ鏡胴部に3箇所配置。
あらゆるホールディングスタイルに対応
●あらかじめ合焦する範囲を限定して不要な被写体への合焦を避け、迅速なフォーカシングを
可能にするフォーカスレンジリミッターを搭載
●マニュアルフォーカス時のリング操作には、回転角度に対してリニアなフォーカス移動が可能な
リニア・レスポンスMFを採用
●防塵・防滴(*2)に配慮した設計や、レンズ最前面にフッ素コートを施すなど
高い信頼性でフィールドワークをサポート


スポーツ、野鳥等の撮影のお好きな方にはかなりコスパ大な1本だと確信します[手(チョキ)][手(チョキ)]

SEL200600G.jpg



SEL200600mの撮影サンプルです[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]

nice!(47)  コメント(0) 

nice! 47

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。