So-net無料ブログ作成

CP+2018 終了 [ソニー 新製品]

先週の金曜日、CP+2018におじゃましてきました[exclamation]



昨日無事終了した、CP+2018ですが4日間における来場者数が
68,111人とのこと。。。ちなみに昨年は、66,665人[ダッシュ(走り出すさま)]


CP2018_SONY-1.jpg


わずか2%のアップとのことですが、金曜日(3月2日)の午後

に行った限りにおいては昨年を凌駕する人出に感じました[手(チョキ)]


曜日や時間帯もあるでしょうが、今年の場合はソニーが一番左奥
に最大級のスペースを設けており、α7Ⅲの先行予約開始が開催
期間中と重なったことで会場奥の人混みが殊更に多かったように
思えたのが要因かもしれません[あせあせ(飛び散る汗)]


同時に、EOS Kissに初めてミラーレスを採用したキヤノンブース
もソニーに肉薄するスペースでかなりの人混みでした[わーい(嬉しい顔)]


今回は一番奥がソニー、キヤノン、ニコン、パナソニック、そして
富士フィルムと言う布陣で、ソニー以外はほぼ例年に近い位置[exclamation&question]


ミラーレスやZマウント等、ウワサのあったニコンはD850以降の
新製品がなく比較的地味な印象。。。。意外な人混みだったのが
リコー/ペンタックスにタムロン、シグマと言ったレンズメーカー[ダッシュ(走り出すさま)]


特にシグマは、今回ソニーEマウントレンズ専用を一気に9種類も
リリースするという気合の入れ様[がく~(落胆した顔)]


レンズメーカーさんは国内より、海外での展開に積極的なのが通例
でしたがデジタルカメラが主流になってきた昨今では国内において
かなり積極的に動かれています[手(チョキ)]


CP+では毎回「ワールドプレミアムアワード」と言った、新製品を
3部門に分けて表彰する機会を設けていますが今年のレンズ交換式
カメラ部門は、2日に予約スタートとなったソニーα7Ⅲが受賞[手(チョキ)]


wpa_logo-2.png


交換レンズ部門は、シグマ 105mm F1.4 DG HSM | Art そして
フォトアクセサリー部門ではキヤノンのSPEEDLITE 470EX-AIと
言うストロボがゲットしました[手(チョキ)]


α7Ⅲ-3.png


特に、シグマのレンズは対応マウントにシグマ自身はもとよりニコン
キヤノンそして、ソニーEマウントと言うシェアや人気の高いメーカー
のボディに対応しています[手(チョキ)]


sigma_prod.jpg

なにより凄いのがキヤノンのストロボです[がく~(落胆した顔)]
「AIストロボ」と言える本製品は完全自動バウンス撮影が可能であり
発光部が被写体と天井との距離を測りそれに最適なバウンス角度を自動
的に動いて算出すると言うスグレモノ[exclamation]

もしかしてこのストロボは今年のカメラ部門のヒット商品になる可能性
も高いです[exclamation]


canon_prod.jpg


そして、α7Ⅲ。。なんとか実機に触れることが出来ましたが従来から
のα7ファンが安心して触れられる不変のスタイルにしてAF測距点の
多さや、秒間10コマと言うα9やα7RⅢに近い機能を持つ、とてもベ
ーシック・モデルとは言えないクオリティの高さを保持しています[わーい(嬉しい顔)]


サブ機としてもさることながら、α6000/5000系のユーザーの方々が
こちらにリプレースされる可能性も高いと思います[exclamation&question]


またが他メーカーからのリプレースにも拍車がかかりそうです[手(チョキ)]


更にこの後は、高感度系のα7SⅢのウワサがありますが情報によれば
秋口。。。フォトキナでの発表などと言う話も出ています。。。。逆に
サプライズ好きソニーですから大イベントを外しての発表もあり得ます[わーい(嬉しい顔)]

過去の流れを参考にすれば、6月~9月辺りが気になりますね[exclamation&question][あせあせ(飛び散る汗)]


ミラーレス・バトルはまだ始まったばかりです[わーい(嬉しい顔)]


x9-wh.jpg


遂にキヤノンがEOS Kiss にミラーレスを採用(APS-C)

EOS Kiss X9 他に2色あり[手(チョキ)]




nice!(57)  コメント(0) 

nice! 57

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。